環境対策緑化工法の流れ

施工実績のご紹介
生育基盤材
包装袋に生分解プラスチックを使用
↓
大量の空袋が発生
↓
空袋を現場内で造粒加工(造粒ペレット)
空袋(産廃)の発生なし
↓
育成基盤材と混合吹付
↓
造粒ペレットの配合により気相が増加し通気性・透水性が向上
↓
造粒ペレットは、基盤材内で土壌微生物により3~8年で分解
周辺環境を汚染しない、無害
↓
廃プラスチックのリサイクル率向上
破砕→造粒化中→造粒ペレット→吹付の各工程の写真
生分解性包装袋、専用造粒機、造粒ペレットのサイクル図
ゼロエミッションという進化